モビットの返済方法ナビ【残高スライド元利定額返済方式って何?】

Just another WordPress site

消費者金融は情報を共有している

without comments

消費者金融はどのような情報に基づいて審査しているのかというと、年収や勤続年数などはもちろんのこと、その他の金融機関や消費者金融からの借入状況なども考慮しています。
それでは、他の借入状況を偽って申し込みをした場合にはどうなるのでしょうか?
残念ながら、これは簡単にばれてしまうでしょう。それはなぜかと言うと、まずは今は多くの金融機関や消費者金融がグループ企業になっているということです。
例えば、モビットやアコムは三菱東京UFJ銀行の傘下ですし、プロミスは三井住友銀行の傘下です。グループ内であれば、当然情報の共有がされています。
そして、もう1つ大きな要因が、各金融機関や消費者金融は、外部の信用情報機関に情報を提供し、また逆に、そこから情報を得ることで審査をしています。
そして、ほとんどの金融機関や消費者金融が共通の信用情報機関を利用しているのです。つまり、ライバルである金融機関や消費者金融が実質的に情報を共有し合っているということです。なぜこのようなことが起きるのかというと、当然そこにメリットがあるからです。
例えば、ある消費者金融からすでにお金を借りている人が、別の消費者金融へ行って簡単にお金を借りらえれてしまうとすると、最初の消費者金融も2社目の消費者金融もどちらも回収不能になるリスクを負ってしまうのです。
そんな気になる審査も、大手の消費者金融であれば安心して受けることができます。
例えば、竹内直人さんと夏菜さんのCMで有名なモビットですが、三菱東京UFJ銀行系であることを全面に打ち出している消費者金融です。
実は、今はほとんどの消費者金融は大手行の傘下に入っていて、決してモビットだけが大手行のグループに属しているわけではないのですが、モビットと三菱東京UFJ銀行が行っているイメージ戦略といったところでしょう。
大手行の名前が出ることで、利用者は安心して利用できるのではないでしょうか。
モビットはインターネット上で10秒で簡易審査を行っているのが特徴です。
氏名や生年月日、勤務先、借入希望額などの情報を入力すると、その後10秒で融資可能か結果がでますので、お急ぎの際には便利な消費者金融です。
実際の申し込みの際には、最短30分で本審査をしてくれます。
当然、審査さえ通れば、申し込み当日に入金を受けることができます。
三菱東京UFJ銀行系ということで全国の約100,000台の提携ATMで利用可能で、ネットのサービスも充実しています。
申し込みから必要書類の提出、利用中の利用明細などの入手もネット上で可能です。
とにかく、三菱東京UFJ銀行系であるという安心感と、提携ATMの数やネットサービスなどの利便性の2点をウリにしている消費者金融です。

Written by pj

12月 3rd, 2012 at 4:47 pm

Posted in 未分類